ブランク看護師

ブランクがあっても看護師なら自分にあった働き方ができますよ

こればかりは、いつの時代も変わらないのですが、女性は、結婚や出産といった生活環境の変化がある為、
状況に合わせて働き方を変えざるを得ないケースが沢山あります。
出産を期に一旦職場を離れる場合、ほとんどの方が仕事への復帰を考えています。
しかし、医療業界というのは、日々進歩しています。
新しい薬が開発されたり、新しい医療機器や医療技術が次々と導入されている、といった環境ですから、
仕事に戻る事についての不安はとても大きいのです。

 

たった1年のブランクがあるだけでも、覚える事は山のようにありますから、スムーズに職場に復帰するにはかなりの努力が必要です。
さらに、看護師の仕事http://congressocientificoifgoiano.com/は不規則でハードですから、体力的にも、仕事に慣れるまでには時間がかかります。

 

長いブランクの後に仕事に復帰する際には、無理のない働き方をする必要があります。
看護師の仕事というのは資格さえ持っていれば、いろいろな場面で活躍する事ができます。
例えば、デイサービスのような福祉系の職場は、高度な医療技術を必要とせず、残業もほとんどありませんから、
規則的に働く事が可能です。
病院の勤務に比べると給料は安い傾向にありますが、体を慣らす為にも、ブランク看護師にとっては働きやすい職場です。

 

一般病院で働くにしても、いきなり常勤で働くのは精神的にも肉体的にも負担が大きすぎます。
まずはパートとして働いて、看護師としての勘を取り戻し、体も充分に慣れた時点で、常勤など他の働き方をするのも、
無理なく仕事に復帰する為の一つの方法です。

 

看護師の資格さえあれば、いろいろな働き方を選択する事ができますから、たとえブランクがあっても、
状況に合わせて安心して仕事に復帰する事が可能です。

親がアルツハイマーと宣告された時(T_T) 実の親が老いていくのを見るのは辛いですね(T_T)

介護を必要とする人の多くに認知症の症状が見られますね。

 

高齢者になると、物忘れが目立ってきたり、呆けてきたり…。
そんな程度であれば、火の始末に気をつけてとか、一人で歩かせないとか、ちょっと家族が気をつけてあげればいいくらいです(´・Д・)」

 

しかし、呆けと認知症は全く別物。

 

認知症には、脳血管性認知症などもありますが、アルツハイマー型認知症のその後は、本当に辛い日々となりますね…>_<…

 

アルツハイマー型認知症は、記憶障害や見当識障害、学習障害など進行する認知症です。

 

アルツハイマー型認知症の進行が進むと、被害妄想や幻視、幻覚といった症状が出ることもあります。

 

暴言や暴力、徘徊といった認知症の周辺症状も強くなり、意思疎通はほとんどとれなくなります(・_・;

 

症状が進行し、最後には廃用が進みねたきりとなってしまいます。

 

アルツハイマー型認知症は、認知症周辺症状がひどく、問題行動が多くあるため、介護が非常に困難になるんです( ̄Д ̄)ノ

 

威厳のあった父親が、アルツハイマー型認知症により、見境なく悪態をついて歩いたり、不潔行為をしたり、家族だけではなく、全くの他人にまで危害を及ぼす…そんな姿を見るのは、子供としても辛いことですね(T ^ T)

 

大切な尊敬する親が、元々の人格をなくし、自分のことも忘れ、老いていく。

 

そんな姿を見るのは辛いですね…>_<…

 

介護も非常に困難になりますし、アルツハイマー型認知症になると医療機関の受け入れも難しい…。

 

様々な壁にぶち当たり、介護する側も精神的に追い詰められます。

 

残念ながら、一度かかると治癒する治療薬もなく、進行を遅らせるのがやっとです(;´Д`A

 

後は、向精神薬や抗うつ剤で症状を抑える程度なんです。

 

しかし、そういった薬を使うと廃用が進み、寝たきりへの急下降です。詳しくはこちら>>>http://www.roca-sa.com/

 

認知症というものがまだまだ周知されていないことも、誤解を生み、介護する家族が苦しむ原因になっていますね( ;´Д`)

若年性アルツハイマーの患者さんは確実に増えています!早期発見・早期治療が何よりも大切です!

「私の頭の中の消しゴム」
見ましたか?
泣けますよね…(T ^ T)

 

愛する人が、アルツハイマーによって記憶をなくしていく…。

 

そして愛する人までも忘れてしまいます…>_<…

 

そして、記憶をなくしていく妻を愛し、「僕が君の記憶になる」と優しく支える夫。

 

もう大号泣でしたね(T ^ T)

 

ハッピーエンドではないけど、ハッピーエンドのような温かい気持ちすら感じてしまいます。

 

そんななんとも切なく素敵な映画でした\(//∇//)\

 

しかし、映画の中の綺麗なお話…と浸ってばかりはいられません( ̄Д ̄)ノ

 

あれは映画だから、自分は大丈夫…なんて思っていませんか?

 

若年性のアルツハイマー型認知症は、確実に増えているんですよ。

 

若年性アルツハイマー型認知症は、40代から65歳までにかかる疾患です。

 

通常は、65歳以上の高齢者がかかるのですが、最近はこの若年性アルツハイマー型認知症が増えているんですよねヽ(´o`;

 

若年性アルツハイマーでも、最初は日付がわからなくなったり、自分の居る場所がわからなくなったりします。

 

段々に精神活動も低くなり、感情も乏しくなっていくんです>_<

 

若年性アルツハイマーの方が、老年性よりも進行が早く、重症になりやすいと言われています( ;´Д`)

 

40代や50代など、働き盛りですし、そういった若い人がアルツハイマーになると大変ですよね(・_・;

 

ですから、アルツハイマーの早期発見早期治療が大切になるんです。

 

アルツハイマーの初期症状になる前の前駆期のうちに治療を始めることが重要になります(´・Д・)」

 

例えば、不定愁訴が増える、体がだるく鬱っぽい、仕事の効率が低下した、根気が続かない、個性がなくなってきた…。

 

このような症状が出始めたら、なんとなく…で終わらせずにきちんと受診することをお勧めします(^_^)

 

若年性では、老年性と違い遺伝子要素が関連していると言われます。

 

家族にアルツハイマーの方がいる場合は、とくに注意して兆候を見逃さないようにしたいですね。